センターピラーレスのスライドドア車といえば、今はダイハツ「タント」や、ホンダ「N-VAN」が有名ですが、それらのクルマよりも最初に採用したのが今回紹介する2代目ラウム(もっとさかのぼれば、初代プレーリー)です。
※価格について論評している場合がありますが、あくまでも当時の新車価格に基づいています。

<試乗グレード>
トヨタ ラウム “Cパッケージ”(4速AT)

画像1: www.favcars.com
www.favcars.com

スライドドアのコンパクトカー「トヨタ ラウム」であるが、今回の2代目では、なんと左側のBピラーをなくして、と言うよりは、ドアに内蔵してしまい、ドアを開けたときは非常に広大な空間を得た。また、それにともなってドアも重くなるはずであるが、Cパッケージより上のグレードには電動開閉スライドドアもついており、150万円くらいのクルマとしては驚くべき装備を持っている。今回のラウムは「ユニバーサルデザイン」をうたっており、いろいろ今までのクルマと違ったところがあるわけだが、そのひとつが左側のドアで、そのほか、楕円形のハンドルなども上げられる。言わば、人に優しい車というわけだ。

画像2: www.favcars.com
www.favcars.com

走ってみると、特に突出したところは無く、普通に走れる車である。しかし、左側のピラーが無く、左右対称でないボディ構造にかかわらず、剛性が低いとか、変な感じがするという印象は全くないのはすごいことである。1.5Lのエンジンで、4速のATを搭載しているが、このあたりもごく普通で、特にどこがどうだと言うことは無く、だれがどういう風に扱っても普通に走れると言うのは良いのではないだろうか。しかし、個人的にはもっと何か面白いものがあっても良いと思うし、そろそろこのクラスならばトランスミッションもCVTを搭載すべきである。ゲート式のシフトレバーは扱いやすく良い印象である。このあたりも、ユニバーサルデザインとしてはうまくいっているのではないか。

画像3: www.favcars.com
www.favcars.com

ただ、ひとつ気になったのは、フットレストがないことだ。どうも、フットレストがないと、左足が落ち着かない印象がある。こんなものはそんなに高いものではないだろうから、どんなクルマにも採用してもらいたい。

乗り味も、誰が乗っても悪く感じず、ゴツゴツ感はなくて悪くないが、もっとスパッと揺れが収まって欲しい印象はある。

噂の「楕円ハンドル」だが、思っていたより、普通に扱える。個人的に良いと思ったが、もう少し、径が大きくても良いかもしれない。ハンドルも軽くて、女性でも扱いやすい印象のものである。

この車は、走ってどうこうと言うよりも、実際にいろいろ機能的に扱ってみて、面白さが出てくる車である。パッセンジャー側のシートがたためたり、後席がきれいにたたむことが出来たりと、そういう実用的な部分に力を注いだ車である。実際に、ごく普通に街中を走り、実用的なクルマが欲しければ、ラウムほど扱いやすい車は無いのではないだろうか。また、お年寄りや体の不自由な方を乗せる機会が多い人にも、このラウムはなかなか良い選択だと思われる。

画像4: www.favcars.com
www.favcars.com

This article is a sponsored article by
''.