オートモビルカウンシル2018が終わりました。皆さんはいらっしゃいましたか?雲の上のクルマ。お、安い!と思うクルマ。たぶん売る気はないんだろうな、という価格ながらだからこそ興味の尽きないクルマなどもある。金額が掲げられていると妙なリアリティを帯びるものですね。だからいいのです。人間は妄想してなんぼではないでしょうか。

お金があったらこれ買うんだけど。欲しいなあ、欲しいなあ、でも今は手が出ないんだよなあ。惹きつけられ、もしもお金があったならば、という反実仮想こそクルマ好きの醍醐味です。そうは思いませんか?お金がなくてよかったのです。お金があったら、実際に買うことになりますよ、そのクルマ。そしてあのクルマも。何台もあったらどうしますか。メンテナンスも大変。いろいろ好き勝手なことも言われます。めんどくさいですね。ああ本当にお金がなくてよかった・・・・(汗)妄想しすぎてこんな境地にまで達するほどです。

画像1: ならば、宝くじは買ったのですか!!買えないことは明日への活力(爆)オートモビルカウンシル2018で妄想大爆発!!

でもって、お金がないんだから、できることはすべてするのです。今納品待ちの原稿を一本でも書く。そして、あの人暇なときに手伝ってと言ってたよな、という人に電話する。もしかしたら仕事がもらえるかもしれませんし。おっと、請求書の発行を一件忘れていたではないか!!お金が入ってくる方向性のことはすべてする!!そんな気持ちになるのです。

頑張れるのです!!あこがれるからこそ、それが妄想の源泉であり、明日への活力となるのであります!!美人とお金は遠くにありて想うもの!!よくそんな風に思うほどです(笑)満たされないことの喜び、実はオートモビルカウンシル、初日に行ってそんなことを感じました。

画像2: ならば、宝くじは買ったのですか!!買えないことは明日への活力(爆)オートモビルカウンシル2018で妄想大爆発!!

「ニュース記事でここのブースを紹介しましょうと」編集部と打ち合わせしていた取材で回るのが初日は精いっぱい。また大勢のお友達に会うのです、クルマのイベントは。久しぶりに元気そうな顔を見るとこれもうれしくなるのですね。仕方ないので(とかいいながら、よく利用するビジネスホテルの特典宿泊券を利用して初日は千葉に宿泊したりしていて、翌日も行く気満々ではありましたが。)翌日もプレスデーではありませんが、再びオートモビルカウンシルの会場にいくことに。

オートサロンも、モーターショーもそうですが、取材のプレスデーだけでは大体足りません。メディア向けの取材もそうですが、そんな仕事のためだけで終わらせるわけにいかないではありませんか、一応クルマ好きの端くれとしては。撮れ高に達してないものに加え、自分で見てみたいもののためには別に足を運び再び見学したいと思うのです。

画像3: ならば、宝くじは買ったのですか!!買えないことは明日への活力(爆)オートモビルカウンシル2018で妄想大爆発!!

白のBMW520iが98万円ででていました。あれ、絶対的にコンディションもいいという個体の話ももちろんながら、520というのがいいではありませんか。妙を感じます。鼻先の軽さと絶対的にはアンダーパワーですが、だからこそ高回転を満喫。ババリア生まれのヘルデン・テノール堪能しながらひらりひらりと行ったら最高なこと請け合いです。525や535、歴史的評価の高いV8モデルもありましたが、それではなく「素のストレートシック」だからこその佳さがあるではありませんか!!と一人心の中で饒舌になっておりましたら、一回り取材をして帰ってきた暁には「売約済み」になっていました。やはりそうなるでしょうね。悔しさもありません。それは当然です。こういうクルマに出会えることこそがこのイベントの魅力なのでしょうから。

そんなのを目の当たりにした初日です。私はその定宿のところにクルマを置いて、電車で海浜幕張に向かいました。駅を降り幕張メッセに向かう途中、宝くじ売り場があるのです。それを目の前にしたとき、私は思いました。「金のないことは悪である。」と。え?いつから俺は守銭奴になったのか?とか思いましたが、無い状態が悪いというか、無い状態を甘受してしまって何もしない私、厳密にはそういう自分に、筆舌に尽くしがたい憤ろしい感情がこみあげてきたのでした。

画像4: ならば、宝くじは買ったのですか!!買えないことは明日への活力(爆)オートモビルカウンシル2018で妄想大爆発!!

退路を断って、あらゆる手段を尽くしているのか、と思った私。気が付くとこの日発売のレインボーくじを購入していました。オートモビルカウンシルに来るたびに宝くじを買っています。当たりません。ふしぎです。宝くじなんて当たらないと思いますか?確率の問題ではありません、出る結果は「当たる」「外れる」かのどちらかなのです。やたらとさかしらげに確率論をもたらしますが、その前提で「ゼロ」を「ゼロではない状態」にする行動、すなわち「購入」が実は束縛条件になっていることを皆考慮していないですね!!買ったらあとは、「当たる」か「外れる」か。五分五分ですね。数学の確率統計の時間に教わる数学的なテクニックとは別の、マインドとして忘れてはいけない重要なことだと思います。

画像5: ならば、宝くじは買ったのですか!!買えないことは明日への活力(爆)オートモビルカウンシル2018で妄想大爆発!!

そんな宝くじを握りしめ、再びオートモビルカウンシルの会場へ。そうやってみると、手元にお金があったら、と、一歩踏み込んで見ることができますね。個人的には1,800万円のランチア・フラミニア、3,000万円のマセラティ・ギブリ4.9SS、4,500万円のクラシケ取得済みフェラーリ512BBあたり、高額なりのバリューフォーマネーを感じたものでした。だいたい乗ってアガりそうですね。この3台は、そこが実は興味深い理由です。あと、ブルーのDB9。570万円でこういうクルマをアシにできたら夢のようだなあと思ったりしたものです。もしかすると前に紹介したクラシックモデルを変えることより、普段使いにこういうクルマに乗れることの方がアツいかもしれませんね。

画像: ランチア フラミニア

ランチア フラミニア

画像: マセラティ ギブリ4.9SS

マセラティ ギブリ4.9SS

画像: フェラーリ 512BB

フェラーリ 512BB

画像: アストンマーティン DB9

アストンマーティン DB9

画像6: ならば、宝くじは買ったのですか!!買えないことは明日への活力(爆)オートモビルカウンシル2018で妄想大爆発!!
画像7: ならば、宝くじは買ったのですか!!買えないことは明日への活力(爆)オートモビルカウンシル2018で妄想大爆発!!

いいなあいいなあ・・・素敵なクルマを前にすると、ライターとしては致命的ですが、語彙が馬鹿になりますね。いいなあ、かっこいいなあ。しか言わなくなりますね。

オートモビルカウンシル、終わってしまいましたが、後で連絡しようと思います。宝くじが当たると思うので!!!、、、、

いろんなことを、この夏の猛暑のせいにする向きが少なくないようですが、そればかりではないのだということを私は一人でも多くの方に知ってほしいのであります!!(爆笑)オートモビルカウンシル、来年が早くも楽しみになってきましたね。

This article is a sponsored article by
''.