HARLEY-DAVIDSON®(ハーレーダビッドソン)は日本時間30日深夜に“More Roads to Harley-Davidson”と題した新たな中期経営計画を発表した。今後2022年までに積極的な投資とコスト削減、魅力的な新製品導入と店舗体験やディーラー網のさらなる整備を進めることで、2017年比で世界売上高を10億ドル規模で伸長させることを目指す。

 既存のハーレーダビッドソンオーナーとの強固な結びつきは維持し、日本を含むアジア市場を中心とする次世代ライダー育成を強化し、より手頃で小排気量(250ccから500cc)のモーターサイクルを、インドを皮切りとして戦略的にアジアで生産・販売する。またかねてより計画中だったハーレーダビッドソン初の電動モーターサイクル『LiveWire™』が2019年に正式に市場導入される。

画像: 2019年に市場導入されるハーレーダビッドソン初の電動モーターサイクル『LiveWire™』(プロトタイプ)

2019年に市場導入されるハーレーダビッドソン初の電動モーターサイクル『LiveWire™』(プロトタイプ)

画像: 『LiveWire™』は2022年までにモデル拡充を予定(画像はイメージ)

『LiveWire™』は2022年までにモデル拡充を予定(画像はイメージ)

 そして中排気量モデルには、新たなセグメントへの参入となるハーレーダビッドソン初のアドベンチャーツーリングモデル『Harley-Davidson Pan America™ 1250』と、新ストリートファイターモデル(975cc)が2020年に登場するのに加え、2021年には新たな1250ccカスタムモデルを市場導入する計画だ。

画像: 2020年に登場予定のアドベンチャー・ツーリング・モーターサイクル『Harley-Davidson Pan America™ 1250』(プロトタイプ)

2020年に登場予定のアドベンチャー・ツーリング・モーターサイクル『Harley-Davidson Pan America™ 1250』(プロトタイプ)

画像: 2020年に登場予定の新ストリートファイターモデル(プロトタイプ)

2020年に登場予定の新ストリートファイターモデル(プロトタイプ)

画像: 2021年にデビュー見込みの1250ccカスタムモデル(プロトタイプ)

2021年にデビュー見込みの1250ccカスタムモデル(プロトタイプ)

This article is a sponsored article by
''.