画像: 【モトGP2018 ドイツGP】レプソル・ホンダチームが大好きなザクセンリンクに向かう

【モトGP2018 ドイツGP】レプソル・ホンダチームが大好きなザクセンリンクに向かう

レプソル・ホンダチームのライダーは、第9戦の地ドイツ・ザクセンリンクに向かう。両者はすばらしい記録を持っている。マルク・マルケスは、訪れた過去8戦ですべて優勝し(125ccで1回、モト2で2回、モトGPで5回)、このサーキットで最も成功している最高峰クラスのライダーである。2010年以降、レプソル・ホンダチームのライダーがすべてで優勝している(2010年から2012年はペドロサ、2013年以降はマルケス)。2014年と2015年はマルケスとペドロサが1-2フィニッシュを飾っている。
マルク・マルケス
「アッセンで記録した優勝は、信じられないほど簡単にミスをしたレースだったけど、タイトル争いで差を広げることができたので重要だった。今はとても難しいサーキットに向かう。そこは普段僕らがとても強いコースだけど、毎年違っている。これには同じアイデアを繰り返せば良いじゃないかと抗議されそうだけど、本当なんだ。天気には重要な役割がある。雨や変わりやすい天気だったり、すべてがとても早く変わるし、僕らはその準備をしなければならないし、その準備はできている。週末のスタートから自分のレベルを探して強くあるようにしたい。日曜日にはまた表彰台に上がれるように頑張るよ。」
ダニ・ペドロサ
「ザクセンリンクに行くのが楽しみだ。このコースは好きだよ。アッセンのレース後半は、残りの週末よりも良いペースで走れたので、ザクセンリンクでもそのペースでトライしたい。予選で速く走れるように新しいタイヤを履いた時のスピードを改善しなければならない。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.