画像: 【モトGP2018】ホンダとレプソルの契約延長。2019年で25周年に到達

【モトGP2018】ホンダとレプソルの契約延長。2019年で25周年に到達

スペインのエネルギー会社と日本のマニュファクチャーが2020年まで契約を延長し、2輪レースの歴史で最も成功した関係を強化した。
レプソルとホンダはモトGPでの契約をさらに2年延長し、これにより技術的協力をベースにタッグを組み、2019年には25周年を記念する。
1995年、レプソルとホンダ・レーシング(HRC)は、来年四半世紀を迎えるプロジェクトを契約した。その時からエネルギー会社と車両製造会社は13度の個人タイトルを獲得し、グランプリ163勝をあげ、最も最近では先週オランダGPでマルク・マルケスが優勝した。
レプソルのエグゼクティブ・マネージング・ディレクターのベゴーニャ・エリセスとHRC代表取締役社長の野村氏が契約の延長にサインをした。これでレプソルはモトGPのメイン・スポンサーを続け、バイクが使用する燃料、オイルの供給を行う。2019年シーズンは、現在のチャンピオン、マルク・マルケスはホルヘ・ロレンソとチームを組む。両者は二人で過去8年で7回のタイトルを獲得している(もう1回は2011年レプソル・ホンダチームのケーシー・ストーナー)。
レプソルとホンダとのコラボレーションは、契約上のスポーツのスポンサーを越えて、埼玉の研究所とスペイン・モストレスにあるレプソル・テクノロジーセンターの間の密接な関係に反映されている。この長い期間のチームワークは、いつも困難を乗り越え、優秀さを目指すことを探求する二つのグローバルな企業の間での不変のコラボの一例である。レプソルとホンダは、バイクとライダーと燃料とオイルのコンビネーションで、多くの力を作り、フォーミュラで勝つことができている。1990年代、このコラボレーションは、2ストロークエンジンと燃料の開発で始まり、世界で最高の4ストロークエンジンと燃料の開発に挑戦し始めた。1995年から最高峰クラスのタイトルの半分以上を獲得し、さらに2002年に創設された賞であるチームタイトルを7回獲得している。500ccクラスとモトGPで163勝と419表彰台の記録はミック・ドゥーハン、アレックス・クリビーレ、バレンティーノ・ロッシ、ニッキー・ヘイデン、ケーシー・ストーナー、ダニ・ペドロサ、マルク・マルケスのようなライダーによってたどりついた。
モトGPで最も見覚えがあるカラーリングは、2019年にレプソルとホンダの25周年を祝う。同時にレプソルのスポーツ・スポンサーとしての50周年にあたる。
ベゴーニャ・エリセス Executive Managing Director of Communication and Chairman’s Office
「私たちはホンダとの契約延長にとても満足している。この契約は来年25周年を祝うことになるし、通常のスポンサー契約を越えてうまくいくだろう。これからも私たちは新しい技術開発で一緒に働き、自動車部門で高い価値がある新しい製品をテストし、もちろん、チームを通して前向きな努力と改善と取組の成果でスポーツでの素晴らしい成功を追求することを続ける。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.