画像: 【モトGP2018 カタルニアGP直前】昨年はマルケスが2位、ペドロサが3位表彰台

【モトGP2018 カタルニアGP直前】昨年はマルケスが2位、ペドロサが3位表彰台

レプソル・ホンダチームのライダーは昨年表彰台を獲得したカタルニアGPで、今年も再び表彰台を獲得を狙う。
マルク・マルケスは2勝(2010年:125cc、2014年:モトGP)を含む7度の表彰台を獲得している。ダニ・ペドロサは出場した過去7戦で連続表彰台を獲得している(2011年はケガにより欠場)。モトGPで12回、3クラスでトータル14回の表彰台を獲得し、3回の優勝を経験している(2003年:125cc、2005年:250cc、2008年:モトGP)。
3週間前、レプソル・ホンダチームは、このコースでポジティブなテストを行っている。
マルク・マルケス
「地元でファンの前でのレースはとてもうれしい。特別な雰囲気はいつも特別なエネルギーを与えてくれるので、日曜日はエキサイティングなレースにしたいと思う。何週か前にここで良いテストがあった。その時、レイアウト、特に変更された最終セクションをチェックするチャンスがあった。再舗装は本当に良い仕事をしたと思う。今の舗装はとてもグリップ力があり、とても乗りやすい。F1でさえ、いくつかのブレーキングポイントで影響が出始めている。縁石の内側のヘリはとても高く、僕のライディングスタイルには少し難しくて、まだコースの最も攻撃的な角度の一つだ。素晴らしいコースだし、ベストを尽くし、また表彰台に上がれるように頑張るよ。」
ダニ・ペドロサ
「カタルニアGPは、家族、ファン、友達がそこにはいて、いつも特別なレース。いつもすばらしい雰囲気があり、すばらしい感覚がある。コースは特にタイヤへの要求が多いけれど、とても素晴らしい。傾けている時間がより多いので、良いグリップがあるサスペンションとシャシーのセットアップの仕事をする必要がある。最後の2つのダウンヒル・コーナーの、部分的にオリジナルのレイアウトに戻ったことが本当にすばらしい。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.