画像: 【モトGP2018 スペインGP直前】マルケスとペドロサがヨーロッパに戻る

【モトGP2018 スペインGP直前】マルケスとペドロサがヨーロッパに戻る

レプソル・ホンダチームのライダーは今週末スペインのヘレスで行われる、今シーズン初のホームGPに参戦する。
ダニ・ペドロサはこのアンダルシアのコースでモトGPデビューから3回の優勝(2008,2013,2017)があり、全部で10回の表彰台を獲得している。
マルク・マルケスは、ここでのどのモトGPレースでも表彰台を獲得している。2014年は優勝、2013,2015,2017年は2位、2016年は3位。
昨年はペドロサとマルケスは二人とも表彰台を獲得している。全部で12回あり、2013年アメリカズGP、2013年スペインGP、2013年インディアナポリスGP、2013年チェコGP、2013年マレーシアGP、2014年アメリカズGP、2014年アルゼンチンGP、2014年ドイツGP、2015年ドイツGP、2017年スペインGP、2017年チェコGP、2017年アラゴンGP。
前節アメリカズGPで優勝し、マルク・マルケスはトップのアンドレア・ドビツィオーソから1ポイント差になっている。
マルク・マルケス
「テキサスで良い結果を残してヨーロッパに戻ってきたけど、今は新しい局面が始まる。ヨーロッパでははチームごと、ライダーごとのレベルが分かる。ここは普通とは違うサーキットで、オースティンのようなコースより狭く、より遅く、より難しいコースのヘレスから始まる。ここでは僕らは良いセットアップがあるし、ヘレスのようなサーキットで良いベースを探すことは重要なこと。3月末にここで良いテストができたし、ポジティブな考え方でアプローチできる。ホームで観衆の前でのレースだし、ファンクラブが良い雰囲気でここでの良いテストに加わる。僕らはタイトルを追って重要なポイントを取るのに一貫してしっかり働いて集中している。ドビは去年もそうだったように素晴らしいライバル。とにかく今年はカタールでもアルゼンチンでもオースティンでもバイクに本当に良い感触を持っている。自信はいつもあるし、それが一番重要なこと。タイトル争いは1ポイントビハインドだけど、このやり方を続けていく。」
ダニ・ペドロサ
「ヘレスでの次のレースを楽しみにしている。ついにヨーロッパに着いた。手首の回復に何週か過ごして、それがライディングの助けになることを願っている。最後のレースでいくつかポイントを獲得できたことが重要で、もう一度ヘレスで自分のベストを出したい。金曜日に手に痛みがなく、僕が好きなコースでファンに囲まれて、できる限りベストな条件で乗るのに十分な強さがあることを望んでいる。」

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.