シトロエンのC6をレンタカーで貸すかも知れない、夢のような話です。

画像1: スパイスカーレント シトロエンC6&C4

シトロエンC6といえばフランス大統領が公用車として使用していた高級セダンです。
このシトロエンフラッグシップをスパイスカーカーレントさんがレンタカーとして出すかも知れないとのことです。

画像2: スパイスカーレント シトロエンC6&C4

facebookのグループ、我夢車等セントラルのオフをスパイスカーレント上名古屋さんで開催。僕も参加させていただきました。

そしてスパイスカーレントを運営する満油商事の橋本社長の特別な計らいでシトロエンC6とC4を試乗させていただきました。

画像3: スパイスカーレント シトロエンC6&C4

まずC6のデザインが素晴らしい。一筆で描いたような伸びやかなデザイン、ボンネット一体となったダブルシェブロン、有り得ない角度で窪んだリアガラスといい、まずこの外観の佇まいだけでこのクルマが只者では無いことを雄弁に物語ります。

画像4: スパイスカーレント シトロエンC6&C4

オーラに気後れしつつドアを開けるとそこに広がるラグジュアリーな空間。内装の革張りの上質な事と言ったら、、これがレンタカーになることを想像したたけでワクワクします。

画像5: スパイスカーレント シトロエンC6&C4

そして実際にハンドルを握って運転してみると、シトロエンのお家芸、ハイドロサスの乗り心地は座り心地の良いソファにふわふわと浮いているかのような、独特の世界に誘われます。

画像: 車高が上がっている写真。3枚目の写真と見比べて欲しい。

車高が上がっている写真。3枚目の写真と見比べて欲しい。

実際の所ふわふわ過ぎて後部座席の人からは違和感を感じる声も。

画像: ハイドロサスペンション

ハイドロサスペンション

そこでサスペンションをスポーツモードに切り替えて走ってみたところ、ちょうど良い落ち着きに変わり、全席において快適な乗り心地となりました。スポーツモードで乗るハイドロ、これから乗る人は比べて見て下さい。

画像: V6エンジンの静粛性は高く、スムーズに回り、不足なく加速する。

V6エンジンの静粛性は高く、スムーズに回り、不足なく加速する。

画像6: スパイスカーレント シトロエンC6&C4

ところで同時に乗ったC4が、正直期待していなかった分もあるのか、とても良かったです。こちらはハイドロではなくコイルスプリングなのですが、素直に乗り心地が良い。さすがはフランス車、さすがはシトロエン。普段乗りの車としての最適解がここにあるような気がしました。

画像: シートの乗り心地も極上。8万キロ、まったくやれていません。

シートの乗り心地も極上。8万キロ、まったくやれていません。

C6もC4もまだレンタカーにするにはいくつもの修理改善箇所があるらしいのですが、是非、そのハードルを乗り越えて、シトロエンの世界を気軽にレンタル出来る日が来ることを期待しています。

画像7: スパイスカーレント シトロエンC6&C4
画像8: スパイスカーレント シトロエンC6&C4

しかし車好きがオフに集まるレンタカー屋さんって世の中探してもスパイスさんくらいですよね。カーくるはこれからもスパイスカーレントさんを応援していきます!

This article is a sponsored article by
''.