書庫に所蔵されている懐かしいカタログをご紹介していきます。第5回目は2001年発行の「プジョー 206 CC」です。

sensation×2

メルセデスが先鞭をつけた、電動メタルトップですが、より身近でコンパクトなクルマに採用されたのがこの「プジョー 206 CC」でした。
1998年のジュネーブモーターショーでは「プジョー 20 ♡」というネーミングで参考出品されましたが、市販車は「クーペ・カブリオレ」を意味する、“CC”が車名に取り入れられました。
一方で「Coup de Coeur」、フランス語で「一目ぼれ」という意味の頭文字にもなります。
ネーミングから、立ち位置まですべてがオシャレなクルマでした。

画像: 表紙

表紙

画像: P2~3

P2~3

画像: P4~5

P4~5

画像: P6~7

P6~7

画像: P8~9

P8~9

画像: P10~11

P10~11

画像: P12~13

P12~13

画像: P14~15

P14~15

画像: P16~17

P16~17

画像: P18~19

P18~19

画像: 裏表紙

裏表紙

画像: 諸元表

諸元表

This article is a sponsored article by
''.