今回お送りするのは、「日産 プレサージュ」。車名を聞くと、もう懐かしさまで感じさせますが、当時はまだ背の低めのミニバンが人気を博していた頃。その中心は「ホンダ オデッセイ」でしたが、その対抗馬として登場したのが「プレサージュ」でした。
※価格について論評している場合がありますが、あくまでも当時の新車価格に基づいています。

<試乗グレード>
日産 プレサージュ 2.5V リミテッド(4速AT)

画像1: www.favcars.com
www.favcars.com

もう、この手のミニバンはたいていどこのメーカーも持つことになった。何よりもこのカテゴリーの火付け役は、'94年に発表したホンダのオデッセイで、その後、'98年に日産は初代のプレサージュをオデッセイの競合として発表した。初代は、正直なところ中途半端な印象で、オデッセイに惨敗であった。さて、そのプレサージュが2世代目になったわけだが、新型オデッセイを討てるほどの実力を持っているのだろうか。

画像: 初代「ホンダ オデッセイ」 www.favcars.com

初代「ホンダ オデッセイ」

www.favcars.com
画像: 初代プレサージュ www.favcars.com

初代プレサージュ

www.favcars.com

今回試乗したのは、プレサージュの中でも一番安いグレードであったが、特別仕様車のものでやや贅沢装備のついたものである。ただ、エンジンやトランスミッションはベースのものと全く同じものである。プレサージュには、3.5LにCVTのついたものと、2.5Lに4速のATがついたものがあるが、今回試乗したのは2.5Lモデルである。

実際に乗ってみると、第一印象はごくごく普通のクルマという印象。ただ、1,800mmの全幅がやはり大きいという印象が感じられる。走ってみて、特に良いところもないが悪いところもない。よく言えば普通の車、悪く言えば特徴のない車である。

画像2: www.favcars.com
www.favcars.com

トランスミッションは、4速のATであり、これはもういくらなんでも古い印象である。だいたい、大きな排気量の3.5LがCVTなら、2.5LのほうがずっとCVTにしやすいはずなのに、2.5Lは古めかしい4速のATを使っている点が気に入らない。どうも、日産は安い車になると、手を抜いているような印象のものがある。これもまた、2.5Lは日産ならVQのV6エンジンを持っているにもかかわらず、この車では直列4気筒エンジンであるのもがっかりだ。

乗り味は悪くはないが、どこかが優れていて、気持ちの良い乗り味かというとそうでもない。騒音も、特別静かというわけでもなく、この程度の音なら普通であろうという印象である。とにかく、ここが良いと思うところは少ないクルマだ。

センターメーターを採用しているのはいいと感じるが、もう少し大きくても良いのではないだろうか。もう一つ気になったのは、シフトレバーがやや遠いこと。ナビ画面もやや小さく感じる。はっきり言って、このクルマは走ってどうこうという印象はほとんどない。もう少し、乗って気持ちいいだとか、この車に乗っててよかったなと思えるような印象があっても良いと感じる。ただ、この車は走ってみるとあまり感心はないが、機能的にはなかなか考えられているところがある。

画像3: www.favcars.com
www.favcars.com

ガラスハッチやスライドドアは良いと感じる。特に、ガラスハッチはこの手のミニバンとしてはこの車しか採用していないのでその点は評価できる。3列目シートのたたみ方はほかになくて良いと思うが、たたむのは良くても、それを起こすときにはもう一工夫必要である。非常に面倒くさい。

画像4: www.favcars.com
www.favcars.com

いろいろ、この手のミニバンを乗ってみたが、確かに機能的にはこの車は見るべきところはあると感じる。しかし、実際に走ってみると、もう少し音が静かでも良いのではないかとか、もっと気持ちいい乗り味だと感じられたら良いのにとか、エンジンもスムーズに回って欲しいとか注文はたくさんある。やはり、総合的にみてみると、この手のミニバンの一番いいのはホンダのオデッセイがダントツであると感じる。プレサージュも3.5Lならまだ印象はいいのかもしれないが、そこまでするのならエルグランドのほうが良いだろう。

This article is a sponsored article by
''.