2月に開催された「JAIA輸入車試乗会2018」の模様をお送りしているが、今回ご紹介するのは「ボルボ XC60」である。この「XC60」は昨年の日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたクルマで、自動車業界のみならず、大変注目されている1台である。そして、今回試乗したのはその中でも、最上級モデルのプラグインハイブリッドモデルだ。その名も「XC60 T8 ツインエンジン AWD インスクリプション」。なんとも長い名前のクルマだが、果たしてこのXC60のプラグインハイブリッドモデルの出来がどんなものなのか、乗ってみるのが大変楽しみだ。
画像: JAIA輸入車試乗会2018 ~ボルボ XC60 T8 ツインエンジン AWD インスクリプション~ |CARCLE MAGAZINE

エンジンが2つ?ツインエンジン

冒頭に申し上げたように「T8」と書いてあったり、「ツインエンジン」と書いてあったりすると、「エンジンが2つもついてるの?」、「それとも8気筒?いやいや、4気筒のエンジンが2つだからT8?」などと、最近のボルボに詳しくない方だとそう思うこともあるかもしれない。

もちろん、そんなことはなくこのクルマは「プラグインハイブリッド」なのである。現在のボルボの「T8」といった数字は、パワーを大まかに意味している。「T8」はガソリンエンジン+ターボチャージャー+スーパーチャージャー+電気モーターという全部のせ。ちなみに「T6」はガソリンエンジン+ターボチャージャー+スーパーチャージャー、「T5」はガソリンエンジン+ターボチャージャーだ。なお、ディーゼルは「D4」が用意されているが、これも出力違いで本国では「D2」や「D3」といったエンジンが存在しているそうだ。

画像: エンジンが2つ?ツインエンジン

エンジン単体だけでも、318馬力、400Nmを発揮するから十分なのに、前輪に34kW、後輪に65kWの電気モーターが組み合わされる。さすがにそんなこともあり、車両重量は2トンを超えてしまう。Dセグ系のSUVにしては重量級だ。

キーからオシャレ

画像1: キーからオシャレ

まずは上の写真を見てほしい。キーは、インテリアのシートカラーと同じカラーでコンビネーションされたキーなのである。そして、革巻だ。こんなオシャレなキーはメルセデスや、BMW、アウディでも見たことがない。まさに、北欧センスがこんなところにも見えるのがオーナーにとってもとてもうれしい部分であろう。

画像2: キーからオシャレ

そして、センターには縦長の大きなディスプレイが装備され、様々な表示をすることができる。テスラの縦型ディスプレイを知ってしまうと小さく感じてしまうが、実際にはこのサイズで不満を感じることはないだろう。

画像3: キーからオシャレ

ガソリンやディーゼルとは異なる、このプラグインハイブリッド専用のシフトレバーというか、シフトスイッチといえばいいだろうか。軽く電気式で操作できるものではあるが、操作性はあまり良いようには感じなかった。筆者個人はコンサバティブな従来方式のシフトレバーのほうがいいと感じる。

プラグインハイブリッドの魅力とは?

画像1: プラグインハイブリッドの魅力とは?

さて、それでは走り始めるとしよう。まずは街中を走ることにする。筆者は実はガソリンモデルにすでに試乗経験がある。その出来の良さはしっかり認識していて、このプラグインハイブリッドに乗るのをとても楽しみにしていた。しかし、実際に乗ってみるともっと違う感激や、違う印象があると思ったが、元来いいクルマなので、そこまで大きくこのクルマは素晴らしい!と感激するほどのものはなかった。それほど、ベースのガソリン車もいいということだ。

画像2: プラグインハイブリッドの魅力とは?

ドライブモードには上の写真のように、いろいろと作動を変える機能がある。しかし、いきなり乗り始めた場合、どれを選べばいいかわからない。これは実際にオーナーになった際に、どれをどういう場面で選べばいいかというのを知っていく必要があるだろう。

街中をまず「ピュア」モードで走ってみる。すでに、バッテリーの電気はあまり残っていない印象だが、なんとか電気を積極的に使い走っていってくれる。フル液晶のメーターは見やすい。またプラグインハイブリッドならではの機能があって、右側のメーターには、アクセル開度によりバーが動いていくのだが、これより強く踏むとエンジンが始動するということがわかるようになっている。ある範囲内にアクセルを踏めば、電気で走れるというのもわかり、この表示方法は実に分かりやすくていいと感じる。

画像3: プラグインハイブリッドの魅力とは?

電気のみで走行している際は、当たり前だが音はとても静か。サンルーフを開けても閉めても静かなのだから、本当に快適だ。高速道路を巡行している際もとても静かである。

それでは、今度は「パワー」モードにして加速体制に入ることにしよう。試しにアクセルを床まで踏んでみた。この時の力強さ感と4輪駆動がしっかり路面を蹴っている安心感がとてもいい。これがガソリンモデルとは大きく違う点だということを実感した。

つまり、このクルマは環境のための…という側面もあるとは思うが、結果としては「パワーをしっかり得るため」のプラグインハイブリッドと考えるのが正しそうだ。

また、再度速度を落として、中速域からの加速をしてみよう。今度は「ハイブリッド」モードだ。先ほどの「パワー」モードとは明らかにエンジン音も変わり、おっとり感がある。「パワー」モードにするとフル液晶メーターにはタコメーターが表示され、よりエンジンを積極的に作動させているということがよくわかる。

画像4: プラグインハイブリッドの魅力とは?

プラグインハイブリッドで残念に感じた部分

エコロジーよりも、パワーを得るための魅力が上がったと感じたT8だったが、一方でこのモデルで感じてしまったネガティブな点があったのも事実である。それはブレーキのフィーリングだ。

ブレーキのフィーリングがあまり良くない。多分、これは筆者の予想であるが、回生ブレーキと油圧ブレーキの協調制御があまり完成度が高くないのではないだろうか。実に微調整がしにくいのである。止まる寸前でカックンブレーキになる印象がある。

このフィーリングで思い出すのは初代のプリウスだ。まさに、上記のような理由で、カックンブレーキが起きやすかったのを思い出す。このブレーキのフィーリングは最後まで筆者は気になり、せっかく快適なXC60の魅力が薄まってしまった一因である。

画像: プラグインハイブリッドで残念に感じた部分

また、「回生ブレーキ」のレベライザーがなかったのも面白くない。エンジンブレーキを働かせるように、回生ブレーキのレベルの強さを選べる車が最近は出てきている中で、このクルマにはそれもなかった。つまりフットブレーキだけに頼らなければいけない。しかし、フットブレーキのフィーリングが先述したような印象だったので、どうもこの「止まる」性能に関して、このT8にはいい印象を持たなかったのである。

自動運転レベル2&マッサージで快適な「XC60」

画像1: 自動運転レベル2&マッサージで快適な「XC60」

乗り味はしなやかで気持ちいい。これはT5などとも同様で、このXC60の美点である。とても気持ちいい。

画像2: 自動運転レベル2&マッサージで快適な「XC60」

さらに、シートには細かく調整できるマッサージ機能まで備わっているのだ。快適すぎる。

画像3: 自動運転レベル2&マッサージで快適な「XC60」

ステアリングアシスト+ACCの「自動運転レベル2」である「パイロットアシスト」を作動させてみた。さすが、制御がうまくできており、停止のフィーリングは悪くない。ここではカックンブレーキが起きないのだから、感心させられた。そして、道路の白線の中央部を保つように、ステアリングを操舵させて走らせていく。
また、高速道路でも使用してみると、緩やかなカーブでもかなりステアリングの方から滑らかに操舵をして、しっかりアシストしていく。

画像4: 自動運転レベル2&マッサージで快適な「XC60」

「XC60」の素性の良さはこのT8のプラグインハイブリッドでもやはり感じられた。しかし、これまで述べてきたように、プラグインハイブリッドだからこその大きな魅力、そしてガソリンエンジンより劣るブレーキフィーリングなど、価格差を考えても、T8がかなり魅力と感じられる部分はそこまで多くなかった。XC60を選ぶならば、筆者はハイブリッドモデルではなく、ガソリンエンジン、もしくはディーゼルがマッチングがいいと感じた。それほど、XC60はベースがよくできているという証だ。

画像5: 自動運転レベル2&マッサージで快適な「XC60」
画像6: 自動運転レベル2&マッサージで快適な「XC60」
画像7: 自動運転レベル2&マッサージで快適な「XC60」
画像8: 自動運転レベル2&マッサージで快適な「XC60」

ボルボ XC60 T8 ツインエンジン AWD インスクリプション

<主要諸元>
全長×全幅×全高:4,690×1,900×1,660mm
ホイールベース:2,865mm
車両重量:2,170kg
エンジン種類:水冷直列4気筒DOHC16バルブ(インタークーラー付ターボチャージャー&スーパーチャージャー)+電気モーター
排気量:1,968cc
最高出力:233kW(318ps)/6,000rpm
最大トルク:400Nm(40.8kgm)/2,200~5,400rpm
電気モーター種類:交流同期電動機
最高出力:(前)34kW/2,500rpm (後)65kW/7,000rpm
最大トルク:(前)160Nm/0~2,500rpm (後)240Nm/0~3,000rpm
トランスミッション:電子制御前進8速A/T(ロックアップ機構付)ギアトロニック
駆動方式:電子制御AWDシステム(エンジン+モーター)
メーカー希望小売価格:884万円(消費税込)
※試乗車は(Bowers&Wilkinsプレミアムサウンド・オーディオシステム:別途420,000円、クリスタルホワイトパール・ペイント:別途103,000円、テイラード・ダッシュボード:別途150,000円装着車)

公式サイト

This article is a sponsored article by
''.