話題のICE FUSEを体感

とあるイベントでのこと、「このフューズに変ええと愛車が変わるよ~!」
とチラシを頂いた。
ちなみに、小学生のころ理科の実験など好きだった過去はあるが、現在はまるきり電気系の知識などなく生活している。

私の愛車、スープラについにICEFU SE(アイスフューズ)を装着する日が来た。
当日も楽しみな反面、半信半疑でICE FUSEのユアイテッドサウンドさんに到着。
ICE FUSEとはフューズを-196度で冷やし電気抵抗をほぼ0にすることにより、電気の通りを良くし、反応を良くする。
この事により、車に装着しどのように変化があるのか。

超伝導(ちょうでんどう、英: superconductivity)とは、特定の金属や化合物などの物質を非常に低い温度へ冷却したときに、電気抵抗が急激にゼロになる現象。「超電導」と表記されることもある。1911年、オランダの物理学者ヘイケ・カメルリング・オンネスにより発見された。この現象と同時に、マイスナー効果により外部からの磁力線が遮断されることから、電気抵抗の測定によらなくとも、超伝導状態が判別できる。この現象が現れるときの温度は超伝導転移温度と呼ばれ、この温度を室温程度に上昇させること(室温超伝導)は、現代物理学の重要な研究目標の一つ。


画像: 話題のICE FUSEを体感

女性でも交換可能

フューズ交換は女性でも簡単に交換できるのが嬉しい。
しかし車種によってはフューズボックスが届きにくいところに有ったりと難しい車種もある。
交換時間も車種にもよるが、30分ほどで完了。

ICE FUSEの効果は

半信半疑のまま、早速エンジン始動。
電気の流れがスムーズになることによって、エンジン始動した時のロスが少なくなった。
アクセルオン時のもたつきがなく加速に繋がるようになった。
スピーカーから聞こえる音がクリアに聞こえてくる。
そして、燃費向上にも効果が現れてくるはず。(次の給油が楽しみだ)
これからのドライブが楽しみになった♪
装着後、レスポンスとスピーカーからの音が楽しくて遠まわりして帰宅したのは事実です☆

This article is a sponsored article by
''.