今回のJAIA輸入車試乗会で用意された試乗車は74車種に上ったが、そのうちハイブリッドや電気自動車(EV)など電動パワートレインを採用しているのは8車種。
意外と少ないイメージたが、そのうちカーくるでは『TESLA Model X』、『VW e-Golf』、『VOLVO XC60 T8 Twin Engine AWD Inscription』の3車種に試乗できた。
Golfシリーズにはプラグインハイブリッドの『Golf GTE』もラインナップされているが、今回試乗した『e-Golf』は完全なEVとなる。

どこまで行けるのか?

電気自動車といえば、まず気になるのは航続距離。『e-Golf』は35.8kwhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、航続距離はJC08モードで301kmとなっている。額面通りに走行できれば日常生活で困ることは殆ど無いと思うが、電気自動車は走り方や交通状況によって走行距離が大きく変わる。今回の試乗は短い時間・距離だったので実際には確認はできなかったが恐らく200km前後が実電費ではないだろうか。
充電はCHAdeMO(チャデモ)方式急速充電と200V普通充電に対応しており、急速充電では35分で80%、普通充電(3kW)は12時間(6kWでは6時間)で100%の充電が可能。

画像: どこまで行けるのか?

見た目はあくまでGolfファミリーの一員

エクステリアは他のGolfと殆ど変わらず、違いはCシェイプのデイライトを備えたシンプルなデザインのフロントバンパーやグリルからヘッドライト内に続くブルーライン、専用ホイール、そして”e-Golf”のエンブレム程度。ちなみにボディーカラーはこの”ピュアホワイト”のみとなる潔さ。

インテリアもシンプルなブラックファブリック仕様のみだが、メーター内には大型ディスプレイを備えた最新のデジタルメーターが採用されていた。ナビや車両状況など様々な情報を表示できるデジタルメーターはEVにマッチした装備だろう。またラゲッジをはじめとした室内空間もエンジン仕様のGOLFとほとんど変わらない容量が確保されており、使い勝手においてスポイルされることはなさそうだ。

トランク内には充電用のケーブルが装備されていた。

新世代のEVスタンダードとなる走り

静かで滑らかな走り出しと、低速からの力強い加速はまさにEVらしさに満ちている。
改めてエンジンの振動や音がないことが、”移動空間”の環境に大きな影響を与えていることに気付かされる。

画像1: 新世代のEVスタンダードとなる走り

最高出力136PS、最大トルク290Nmを発揮するモーターを搭載し、中間加速でもレスポンス良く立ち上がるトルクで気持ちの良い走りができる。ただし、その走りはジェットコースターのようなエンタテインメント性を備えたものではなく、あくまで一般常識の範囲内のものだ。

画像2: 新世代のEVスタンダードとなる走り

車重はスタンダードなエンジン仕様に対して300kg以上重い1590kgとなるが、重量のあるバッテリーを床下に敷き詰めることで低重心や安定感が感じられ、むしろ乗り心地やコーナリングも良いように感じられる。このあたりは完成度の高いプラットフォームと共にサスペンションやタイヤのチューニングも相当効いているのだろう。
今でこそ珍しくはなくなった電動パワートレインだが、Golfで体感するとより身近に”未来の普通”を感じられる。
今どきのクルマらしく、運転支援システムも充実している。レーンキープアシスト、アダプティブクルーズコントロール(ACC)、プリクラッシュブレーキシステムなど一通りの機能を網羅している。特にACC(全車速追従)を使ったオートドライビングは、電動パワートレインとの親和性も高く、全く違和感のないドライビングを実現していた。

次世代e-Golfに向けての見本なのか

プラグインハイブリッド仕様『Golf GTE』の469万円を凌ぐ499万円という価格設定やWEBからの申込みを前提とした販売方法など積極的に販売しているとは言い難い状況を見ると、現段階では試験的な販売なのか?とも思えるが、きっと時期Golfファミリーでは、このEV仕様がスタンダードGolfの一翼を担うだろう。世界のGolfはEVとなってもベンチマークたる完成度の高さを誇っていた。
しかし、EVや自動運転の広がりがこれほどまでに早く世界を飲み込もうとしている現実を目の当たりにすると、脈動する内燃機関たるエンジンの個性を楽しみながら峠道をドライブするのが”特別なも”のとなるのもそう遠くないと諭されている気がして、ドライブ好きとしては少々複雑な試乗となった。

<主要諸元> フォルクスワーゲン e-Golf

全長×全幅×全高:4,265×1,800×1,485mm
ホイールベース:2,635mm
車両重量:1,590kg
エンジン種類:電気モーター
最高出力:100kW(136ps)/3,300~11,750rpm
最大トルク:290Nm(29.5kgm)/0~3,300rpm
駆動用バッテリー:リチウムイオン電池
総電力量:35.8kwh
トランスミッション:1段固定式
駆動方式:前輪駆動
一充電走行距離:301km(JC08モード走行)
メーカー希望小売価格:499万円(消費税込)

公式サイト

This article is a sponsored article by
''.