今回お送りするのは、「三菱 コルト」です。当時、オシャレで、質感の高いコンパクトカーとして登場しましたが、三菱のリコール隠しの件などで、販売は低迷。クルマの実力が高かっただけに残念でしたが、かなり長い間販売されていました。
※価格について論評している場合がありますが、あくまでも当時の新車価格に基づいています。

<試乗グレード>
三菱 コルト Elegance-X(CVT)

画像1: www.favcars.com
www.favcars.com

鉄からアルミに

今回の試乗車は、マイナーチェンジを施された後期型モデルである。エンジンは後期型になり、前期型では鉄製のエンジンだったものを、今度はアルミ製に変えた。それに組み合わされるトランスミッションは、CVTであるが、このエンジンとCVTのマッチングが実に良く、思っているよりも元気よく走る。街中で扱っている分には、力不足というものは感じさせない。

ステアリングの印象は非常に軽めで、女の方が運転するには非常にいいと感じた。私はもう少し重めなほうが好きだが決して悪い設定ではないと思う。

お洒落なインテリア

画像2: www.favcars.com
www.favcars.com

コルトの中で一番気に入ったのは内装である。このクラスのコンパクトカーにはない内装で、さりげなく上質な印象をかもし出しているのは非常にいい印象である。木目以外にもいろいろあるようだが、私は木目のちょっとした使い方が気に入った。また、CVTのセレクターレバーも順手で扱うことが出来、非常に扱いやすく、いいものである。さらには、立派なアームレストも出てきて、値段の割になかなか贅沢なものだという印象が強い。ただ、ナビゲーションの位置はもうそろそろ、もう少し上の辺りに位置していたほうがありがたい。

画像3: www.favcars.com
www.favcars.com

気持ちのいいコンパクト

走っていて、全く不足を感じさせず、CVTがやはり好印象であった。いつも、CVTの車に乗ると感じるが、タイムラグの無い走りが出来るのは大変気持ちがいい。今回のエンジンでは、星は4つ、+5%燃費を達成している点は評価できる。しかし、忘れられないが、三菱があれほど宣伝した直噴エンジン、「GDI」をもう一度何とかしてもらいたい。

乗り味は、なかなか良くて、路面の凹凸もうまく吸収していた。乗り味はごく普通に気持ちよく乗れる設定であるが、意外とこのようなクルマは少ない。

もうひとつ、評価できるのは、装備やカラー、内装を自分好みに設定できることである。これは、国内のメーカーではどこもやっていないことなので、ぜひ三菱の特徴として続けてやってもらいたいものである。

たいてい、クルマは気に入らないところが意外とあれやこれや見つかったりするものだが、今回このコルトではさほどそう思う点はなかった。頭上空間においても、室内の広さにおいても十分であった。

コルト発表当初は「まじめ、まじめ、まじめ、コルト」というキャッチフレーズがあったくらいで、今回マイナーチェンジをしたこのクルマに乗っても大変好印象のものであった。こんなに、いい商品があって、売れないのは大変悔しいし、販売店にも気の毒だ。値段の割に、ずいぶんたいしたものだと感じたし、個人的にも欲しいという印象さえ与えたクルマである。日常生活で、普通に道具として使うのには、日産のティーダ同様いいものであるだろう。

This article is a sponsored article by
''.