大矢アキオ Akio Lorenzo OYA 
コラムニスト/イタリア文化コメンテーター

アメリカ市場における最新のフィアット事情

おさらいすると、フィアットは1899年にイタリア・トリノで創業した自動車ブランドである。
だが今日、その実体は国際企業だ。2009年、フィアットは連邦破産法第11条の適用を受けて倒産した米クライスラーを統合。当初トリノと米ミシガン州オーバーンヒルズの2本社制をとっていた。
やがて2014年に『フィアット・クライスラー・オートモビルズ(以下FCA)』を発足させると、登記上の本社をオランダ、税務上の本社をイギリスに置いた。上場は従来のミラノに加え、ニューヨーク証券取引所でも果たした。
トリノのリンゴット地区にある歴史的本社はFCAの移転後、フィアット創業家であるアニエッリ家の投資会社が使用していた。だがその投資会社もFCAの後を追うようにオランダに移転。現在は同家の文化財団が使っている。

画像: ロサンゼルス(LA)オートショー2017で。フィアット500L(左)と、EV仕様のフィアット500e(右)。

ロサンゼルス(LA)オートショー2017で。フィアット500L(左)と、EV仕様のフィアット500e(右)。

こうして多国籍化するFCAの姿を複雑な思いで受け止める純粋イタリア車ファンは多いはずだ。しかしそれによる新たな展開も少なくない。その代表例が米国市場である。

画像: フィアット・ブースのモデル。

フィアット・ブースのモデル。

画像: アルファ・ロメオ・ブースのモデル。

アルファ・ロメオ・ブースのモデル。

フィアット・ブランドは2010年ロサンゼルス・モーターショーで、メキシコ工場製の「500」とともに北米市場復活を宣言した。これにより、品質問題などを背景にした1983年の撤収以来27年ぶりの再上陸となった。
参考までに2017年1-11月の米国におけるフィアット・ブランド販売台数は24,754台であった。販売モデルは多い順に「500」「500X」「500L」そして「124スパイダー」である。

画像: フィアット124スパイダー・アバルト。価格は24,995ドル(約282万円)から。米国でアバルトは、フィアット・ブランドのスポーツバージョンという形がとられている。

フィアット124スパイダー・アバルト。価格は24,995ドル(約282万円)から。米国でアバルトは、フィアット・ブランドのスポーツバージョンという形がとられている。

同じFCAのアルファ・ロメオも2014年、「4C」をもって約20年ぶりに米国に復帰した。昨2017年には新型車「ジュリア」「ステルヴィオ」を投入して、本格的な販売攻勢にうって出た。そのため11月には、前年同月の62倍(!)にあたる1440台の販売を記録。1-11月も9997台で、前年同期比20倍となった。

画像: フィアット500eのダッシュボード。ボタン式セレクターに注目。

フィアット500eのダッシュボード。ボタン式セレクターに注目。

ディーラー網構築などに時間を要したと思われるが、「アメリカでもウケるだろうに」と以前から考えていた筆者としては、思わず「やればできるじゃん」と叫びたくなる。
2017年11月末モータショー取材に赴いたロサンゼルスでも、たびたび500や500Lを目撃した。
運転していたドライバーのルックスや年齢から察するに、日本製プレミアムカーやハイブリッド車の飽和状態から脱したい個性派ユーザーたちに“刺さる”選択なのに違いない。

画像: LAのダウンタウンで。

LAのダウンタウンで。

思えば1970年代アメリカでは、「輸送中、海水を被ったX1/9が流通している」という噂が流れり、自動車修理工を連想させる名前「トニー」に絡めて「FIATって何の意味か知ってるかい? Fix it again, Tony(トニー、もう一度修理しろ)の意味だよ」といわれた。
そのフィアットが今、摩天楼の間をクールに泳いでいる。イタリア車ファンとしては、目頭を熱くせずにいられないのである。

画像: LA郊外の住宅街で。保安基準に従い、前後フェンダーにオレンジ色のサイドマーカーが装備されている。

LA郊外の住宅街で。保安基準に従い、前後フェンダーにオレンジ色のサイドマーカーが装備されている。

This article is a sponsored article by
''.