日本夜景遺産

丸の内イルミネーション2017

2016年に『日本夜景遺産』に認定された丸の内イルミネーション2017
高級ブランドが建ち並ぶ丸の内仲通り。
1.2kmにおよぶ約200本の木々に100万球以上のシャンパンゴールドに輝くLEDが冬の夜を華やかに彩ります。
私もイルミネーションが好きで都心にかかわらず訪れることが多いですが、今回はクリスマス時期のカップルでにぎわっている丸の内イルミネーション2017に訪れてみました。

日本夜景遺産とは、日本各地に埋もれている美夜景の再発見&発掘、価値付与して紹介することで、観光資源としての夜景の存在をアピールするもの。「日本夜景遺産」の「遺産」とは、優れた夜景とそれを観賞できる場所(夜景鑑賞地)の関係性を後世まで残していく意味を込め、この名が付けられています。

丸の内イルミネーション2017

エコイルミネーション

使用電力を抑え輝きはそのままに『エコイルミネーション』。
美しいイルミネーションを眺めながら「ゎ~綺麗だな~」と思うのと同時に「100万球にも及ぶLEDともなると電力凄そうだな~」と思い調べてみた。
丸の内イルミネーション実行委員会の三菱地所株式会社は、従来の1球辺りの使用電力を65%削減しつつも、さらに30%削減する「NEWエコイルミネーション」を一部に採用し開催。
更に、太陽光・風力で発電されたエネルギーを使用し、地球環境に優しい丸の内イルミネーションとのことだ。

開催期間

2017年11月9日~2018年2月8日
17:30~23:00 ※12月は17:00~24:00
歩行者天国は21:00まで。

クリスマスも終わり、お正月の装飾が街中では多くなりました。
2018年皆様にハッピーが沢山訪れる1年となります様に♪
宜しくお願い致します。

This article is a sponsored article by
''.