Bentley…の響きを聞き流せないクルマ好きに捧ぐ

Bentleyと聞いて高級車であること以外をイメージできる方はこのクルマに関して少しは興味があった方なのではないでしょうか?
世の中に存在する高級車と呼ばれるクルマたちへの憧れは、そのクルマが持つ質感や性能、存在価値や価格と比例して高くなります。
このコンチネンタルGTも実はドライバーズカーとしてBentleyの素晴らしさを味わえる名車としてその存在は認知されています。
発売から経過した時間の分だけ自分が狙う価格帯との距離感が詰まる個体との出会い、そんなクルマ選びの楽しさがこのコンチネンタルGTにはあると言えます。

画像1: Bentley…の響きを聞き流せないクルマ好きに捧ぐ

高級車である事は新車から10年余の時間を経過しても高級車である事に相違ない事をこのクルマは教えてくれます。
質感の高さはこのクルマが存在する限り永遠に保たれるかの如く車内を華やがせ、単なる移動のための空間ではない満足感を乗り手に与えてくれます。
伝統として引き継がれるデザインや素材の選択、英国が誇るクルマ作りがこのインテリアから感じられます。
イタリアのそれとは一線を画す美しさと言えます。

画像2: Bentley…の響きを聞き流せないクルマ好きに捧ぐ

世界中の名だたる高級住宅街や保養地には必ず存在するクルマとして、FerrariやRolls-Royceと並びたつフォルムには隙がなく圧倒的な存在感を感じさせます。
しかし高額車両特有の故障した際の高額なメンテナンスコストの噂はいつしか故障神話としてセカンドオーナーになる、又はなりたいという希望者を減らしていることも事実です。

画像3: Bentley…の響きを聞き流せないクルマ好きに捧ぐ

このステアリングを握る代償が実はそれほど高額ではなく、実は不安要素しては払拭できる範囲である事を知ったとしたらどうでしょうか?
過去の様々な修理のフィードバックデータと世界中からのパーツ調達によるメンテナンスコストの抑制はこのクルマが持つ故障神話を崩壊していきます。

画像4: Bentley…の響きを聞き流せないクルマ好きに捧ぐ

様々な角度から「今」そのクルマの事を考えながら、後世に残すクルマ選びは続きます。

This article is a sponsored article by
''.