1967年、公称生産台数337台という希少性と謎に満ちた生い立ちから「幻の名車」と呼ばれたトヨタ2000GT。
今年はトヨタ2000GTの発売50周年を祝うイベントが11月5日愛知県長久手市のトヨタ自動車博物館にて開催されました。
画像1: TOYOTA2000GT 生誕50周年 「幻の名車」トヨタ2000GTボンドカー

布垣トヨタ博物館館長の司会による2部構成です。
1部は開発にかかわったトヨタワークスドライバーの細谷四方洋氏や津々見友彦氏による、トヨタ2000GTスピードトライアル秘話、2部はもう1台のボンドカーオーナーの方のレストアに関するエピソード。
あまりに濃密な内容ゆえに大幅に時間をオーバーしてしまうほどでした。

画像5: TOYOTA2000GT 生誕50周年 「幻の名車」トヨタ2000GTボンドカー

長らく所在はおろか、現存しているかどうかもつまびらかではなく、時に都市伝説めいた話まであった2台目のボンドカー仕様のトヨタ2000GT。

画像6: TOYOTA2000GT 生誕50周年 「幻の名車」トヨタ2000GTボンドカー

ボンドカー仕様のレストア秘話では、当初「2台ある」とされていました。
その後は解体処分されたとされ、後にある有名クラシックカー雑誌の廃車体の投稿コーナーにシートのかかったオープンボディのトヨタ2000GTの解体車の写真が投稿されたことがあるものの、その後の行方はつまびらかではなく、そもそもボンドカー劇用車は1台しか存在しなかったという俗説が流布したこともありました。

画像7: TOYOTA2000GT 生誕50周年 「幻の名車」トヨタ2000GTボンドカー
画像8: TOYOTA2000GT 生誕50周年 「幻の名車」トヨタ2000GTボンドカー

近年になり、熱心なトヨタ2000GT愛好家である現オーナーのもとでレストアにとりかかったのだそうです。
外してあった部品はトランクの中に保管してあったそうですが、紛失してしまった部品も多く、新たに作ったり、またベースが試作車のため市販車と互換性のない箇所も多く、欠損したリトラクタブルヘッドライトの片方に手持ちの予備部品を付けようとしたら付かなかった等、本来の市販車ではないがゆえの苦労も多かったようです。

画像: トヨタ博物館館長とオーナーとデザインを担当した岡田さん

トヨタ博物館館長とオーナーとデザインを担当した岡田さん

画像: 切り絵作品

切り絵作品

This article is a sponsored article by
''.