皆さん、初めまして! ラッキーの保護者と申します。。。(^_^)/

ひょんなことから、こちらにて 4輪 & 2輪 のことを中心に駄文を書かせていただくことになりました名古屋市在住の "ラッキーの保護者" こと、近藤 純(こんどう じゅん)と申します。

今回は最初ということで、簡単な自己紹介をさせていただきたいのですが、得体の知れない五十路のおじさんの生い立ちや経歴などには誰も興味がないであろうと思いますので、私が 4輪 & 2輪好きになったきっかけについてお話(記述かな?)いたします。

最初は 4輪からでした。

それは遡ること約半世紀前のこと。私が物心のついた 3歳の頃、親に買ってもらった自動車図鑑的な絵本のある頁に、まだ清らかに澄んでいた(笑)私の目が釘付けとなりました。

そこに描かれていたのは、幼心にも魅惑的で流麗かつ妖艶なるスタイリングのスポーツカー、英国の高級車「ジャガーEタイプ」でした。

’61年に登場したこのモデルは、水冷 直列6気筒 DOHC 3,781cc 265馬力 のエンジンをモノコックとチューブラーフレームを併用した車体に搭載、3連式のSUキャブレターを装備、4段ギアボックスを介して 1,220㎏ と決して軽くはないボディを最高速度 240km/hまで導きました。そのスタイリングは空力の専門家であるマルコム・セイヤー氏が手掛けたもので、足回りは前後独立式の F:ダブル・ウィッシュボーン/トーションバー、R:固定長ハーフシャフト+ロア・ウィッシュボーン+トレーリングアーム/コイル を採用、前後共にサーボ付きのディスクブレーキを装備していました。

画像: Photo from https://www.thewheelsofsteel.com/jaguar-e-type/

Photo from https://www.thewheelsofsteel.com/jaguar-e-type/

同車はその後、'64年に 4,235ccへと排気量が拡大され、'68年には "シリーズ2" へと進化。ボディラインに溶け込むようなデザインの前照灯のガラスカバーが取り除かれると共に、明度確保のためにヘッドライト・ユニット自体が前進して、バンパーのサイズ 及び 位置の見直しが図られました。

そして '71年には、最終型となる "シリーズ3" へと発展、5,343cc の V型12気筒SOHC のエンジンに換装され、'75年まで生産されました。

続いて 2輪との出会いです。

小学生の頃にはいっぱしのカーマニアとなっていた私は生意気にも自動車雑誌を定期購読していたのですが、ある日 書店で偶然 1冊のバイク雑誌を何気なく手に取り、その頁を開いたのでした。

そして、そこに掲載されていたのはイタリアの至宝、「MVアグスタ750 Sport」だったのです。

'69年のミラノショーで鮮烈にデビューしたこのモデルは、空冷4ストローク 並列4気筒DOHC 743cc 76馬力(65馬力という説もあり)のエンジンを GPレーサー譲りの鋼管ダブルクレードルフレームに搭載していました。何よりも魅力的だったのは、その美しいスタイリングと豪華な装備で、レーサーのようなクリップオンハンドル、リアにセットされたステップ、真っ赤なレザー製でストッパー付きのセミダブルシート、妖艶なる造形で赤・青・白に塗り分けられた大型の燃料タンク、強力なグリメカ製のダブルパネル 4カムのフロント・ドラムブレーキ(下の写真の後期型は スカラブ製の Wディスクブレーキに変更)、4本出しのメガホンマフラーが何とも言えない迫力を醸し出していました。

画像: Photo from https://motorbikewriter.com/mv-agusta-retains-italian-heritage/

Photo from https://motorbikewriter.com/mv-agusta-retains-italian-heritage/

その後、同車は '76年に排気量を 789.7cc に拡大、スタイリングを一新した「750S アメリカ」に進化したものの、MVアグスタ社は経営不振に陥り、レースの世界からも撤退、'77年には生産ラインを閉鎖してモーターサイクル部門から手を引くことを発表、華麗なる歴史に終止符を打ったのでした。

最後に。。。(^_^)/

以上のように、"ジャガーEタイプ" と "MVアグスタ750 Sport" という偉大なる 2台の名車に巡り合ったことにより、私は 4輪 & 2輪の魅力に取り付かれたまま五十路を迎えて現在に至るのでした。

という訳で、次回以降 2輪 & 4輪 それぞれに関していろいろと書き散らしていきたいと思います。お暇なときにでも読んでいただければ幸いです。宜しくお願いいたします。。。m(_ _)m

This article is a sponsored article by
''.