画像: 東京モーターショー2017 開幕! Part-2

東京モーターショー2017 開幕! Part-2

『第45回 東京モーターショー2017』レポート。
part-2は、日産、ホンダ、三菱自動車。
日産ブース
なにかと話題の日産ですが、ブースは『新型 リーフ』一色!
日本車には珍しくビビッドなカラーリングを展開し、電気自動車が彩る未来を予感。ようやく登場した『セレナ e-power』も人気。
「NISSAN INTELLIGENT MOBILITY」を見据えたコンセプトカー『IMx』は、車とドライバーの繋がりを具現化したモデル。
ホンダブース
キーワードは「自分を、もっともっと連れ出すんだ。」 自分の可能性を広げるため、外に広がる世界へ飛び出していこう!
広大なブースには、2輪、4輪を一堂に展示。未来を伺うコンセプトカーとして、AI技術を搭載した小型EVの『Honda Sports EV Concept』と『Honda Urban EV Concept』を展示。
昨今は軽自動車とミニバンが目立つといわれているホンダですが、こうして見れば、軽オープンスポーツの『S660』。セダン、ハッチ、そしてTYPE-Rを揃える『CIVIC』。ミドルサイズSUV『新型 CR-V』。フラッグシップセダン『LEGEND』。そしてHVスーパースポーツ『NSX』と多彩なラインナップが魅力。
2輪においても先端技術を用いた『Honda Riding Assist-e』や『Neo Sports Cafe Concept』のほか、親しみ深い『スーパーカブ』や『モンキー』のコンセプトモデルなどもワールドプレミアした。
三菱自動車ブース
三菱自動車のキーワードは次の100年に向けた新ブランド メッセージ「Drive your Ambition」。
EVクロスオーバーSUVのコンセプトカーの『MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT』は、このメッセージを象徴する一台。
また日本仕様の『エクリプス クロス』をジャパンプレミアするなど、得意とするEVとSUV技術を前面にしたラインナップとなっている。
part-3へつづく

carcle.jp

This article is a sponsored article by
''.